「気をつけ!」の号令に対して「休め」の号令があります。

 

大切な商談や初対面の人に合う時は

「気をつけ!」の状態になりますし

 

気心知れた友人と話したり

一人で黙々と仕事をする時は

「休め」の状態になりますよね。

 

「気をつけ!」の状態は意識的に行う事なので

皆さん比較的簡単にできてしまいます。(緊張は作りやすい)

 

しかし日常で大半を占める「休め」の状態は

上手に出来ていない方が殆どです。(リラックスはしずらい)

 

「リラックスした姿勢で仕事ができたらいいな」

と思っている方も多くいるかと思います。

 

今回はそれに関連する「呼吸」「姿勢」について書きたいと思います。

 

「呼吸と痛みの関係」

首が辛い(痛い)という場合

原因に真っ先にあがるのが「姿勢」です。

 

しかしどう見ても姿勢が悪いのに「首が痛くない」という方もいます。※極度に悪い方は除く

 

その差は一体なんだと思いますか?(長時間座っている方を例にします)

 

それは「顎の位置」と「呼吸」です。

 

顎の位置が悪いと「呼吸」にも影響を与え

首の痛みを深刻化する以外にも

体に様々なストレスを掛けてしまいます。

 

突き出し顎は呼吸を浅くする

呼吸をする時「横隔膜」という筋肉を使います。

その横隔膜を動かす神経は「横隔神経」です。

 

青くなった3個の頚椎から「横隔神経」がでています(3〜5頚椎)
横隔神経

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[図の説明]

青い部分から黄色で横隔膜に繋がっているのが「横隔神経」

呼吸に関連する筋肉は横隔膜の他にも肋間筋や首の筋肉の働きがあり、それらの筋肉で肺は動かしてもらい呼吸が出来ています。(下図は吸った時の横隔膜の動き)

肋骨の動き

 

 

不良姿勢は神経の通りを悪くする

首の状態が悪い方にありがちな姿勢は

 

「顎を突き出し、首の後ろの筋肉が縮まった状態」です。


この状態では頚椎(首の骨)からでている神経の通り道を

遮断する形になり呼吸がしにくい状態になります

 

試してみると分かると思います。

 

まず「顎を前に出し」自然呼吸をしてみてください。

吸う事はできますが吐くことはあまり上手に出来ないかと思います。


今度は「顎を引いた状態」で自然呼吸をしてみてください。

先ほどよりより多く息を吸うことが出来て

吐くことも沢山出来たかと思います。

 

また首の真ん中辺りにある骨は「頚椎ヘルニア」になりやすい部位です。

 

そのようなその点から考えても

「突き出し顎」

は修正して首への負担は減らしたいものです。

 

修正方法は下の項目にあります。

 

吐くことの大切さ

人間は生きていく上で「エネルギー」が必要です。

「エネルギー」は体を動かす原動力です。

 

人間は

「食べ物を摂り、細胞が栄養を燃やし、エネルギーを生み出し、体を動かす」

ことで人間(動物)は生きているのですが

細胞が栄養を燃やす(代謝)には、酸素が必要です。

 

その為に…

呼吸で体内に酸素を取り入れて(吸う)

燃やした後の二酸化炭素を体内から送り出す(吐く)

という行為を行なっています。

 


体内に有害な二酸化炭素

吸った分だけ息を吐けると良いのですが

身体に余計な緊張があると息を吐くという行為が疎かになり

体内に「二酸化炭素」が残ります。

 

二酸化炭素は体にとって有害なものです。

 

体外に排出しなければなりませんが

呼吸が浅いと吐ききれず二酸化炭素が肺に溜まった状態になります。

 

体内に「二酸化炭素」が蓄積される事は

血液の循環が悪くなり全身に栄養が行き届かないのはもちろん

ガンなどの大病に繋がることもあります。

 

また呼吸活動は

「息を吸う=身体は緊張状態」

「息を吐く=身体はリラックス状態」

という拮抗した状態を繰り返しています。

 

よく「ストレスで病気になる」ということがありますが

ストレス過多は「過度な緊張状態」(息の吐けない状態)です。

 

こうした理由でも「吐く力がある」ということは

病気やリラックスの観点から見ても

とても必要なことなのです。

 

 

呼吸の浅い方は吐くのは意識的に

吸うことは意識しないでも

体は必要な分だけ酸素を取り入れてくれます

 

 

リラックスした姿勢のつくり方

PC作業などが長時間続くとどうしても姿勢が崩れがちです。

 

緊張させて背骨を真っ直ぐに保つのも首の負担は軽減されますが

緊張をつくった体も呼吸に制限をかけてしまいます。

 

背中の緊張を作らずに「呼吸をしやすい姿勢」を写真で説明します。

 

☆二枚の写真は背骨の状態を変えずに「顎の位置(顎だけ引く動作)」だけ変えたものです。

 

顎が引けていない姿勢(突き出し顎)

背筋を張らずに、顎が出た状態

この状態だと首の後ろ側を詰まらせ

神経の通りが悪くなり呼吸もしにくくなり

頚椎にも負担が掛かりヘルニアなどの症状を起こしやすくなります。

また腰椎に対して負担のあるベクトルか掛かる為

腰痛の原因になります。

 

顎が引けている姿勢

背筋を張らずに、顎が引けた姿勢(分かりやすく引きました)

背筋を張らずに顎を引くことで

背中に余計な緊張を作りません。(極度に丸いのはお腹を立てる必要があります)

首の後ろの詰まりは解消され呼吸がしやすい状態にまります。

また背骨に沿ったベクトルが掛かる為に

腰椎への負担が軽減されます。

 

上記の姿勢がしにくい方は

リラックスした姿勢で(休めの状態)で

日頃の生活を送りたいけど

 

「背中の丸まりが強い」

「この姿勢がどうもしっくりこない」

 

といった場合

体に緊張(コリや歪み)がある可能性があります。

 

当院では

「姿勢を整える」→「呼吸のしやすい体」→「緊張をつくらない身体」

という観点で整体を行い

リラックスして日常を送れる体にサポートさせてもらっています。