先日

「整体で自己治癒力をどうやって高めているのですか?」

聞かれました。

 

いきなり高度な質問で内心「ドキッ」

 

「ホルモンや自律神経のバランスで自己治癒力が高まるのは分かっているけど、整体で自己治癒力をどうやって高めるのか」と、疑問に思ったみたいです。…

 

そしてふと思いついたワードが

「体に狭間の状態を味わってもらう」

です。

 

狭間とは起きている時と寝ている時の間の部分で

簡単にいうと「うつらうつら」している状態。

 

シーソーでいうと

上が健康な人のシーソーで

下が体調を崩している人のシーソーです。

 

整体ではこの矢印の方向になるような刺激を加えて、左右(副交感・交感)が均等になる状態をつくります。

 

そうすることで、体内活動が均一に動き始めて色々な巡りが改善(開通)していくのです。

 

 

又、人間には「手」「足」「頭」「胴体(体幹)」と大きなパーツが5つあり

体調不良の原因は「頭の使い過ぎ」と「手の使い過ぎ」にあります。(怪我、肉体疲労、内臓疲労を除く)

 

使い過ぎている「頭」と「手」は神経や血液の流れが過剰にいき「感覚が強く」

逆に使う機会が少なくなった「足」や「胴体(体幹)」は循環は悪くなり「感覚の低下」が起こっています。

 

その為に、シーソーの状態を均一していくと5つの感覚も均一に流れ始める(これが自己治癒力)結果としてコリや歪みが整っていきます。

 

と文章で書いてみたけど、実際に話した時の方がもう少し上手く説明が出来た気が…

文章に書くのは難しいですね。苦笑