パソコン疲労.ストレス.自律神経の乱れはあち整体院へ

腰痛の原因と整体方法

  • HOME »
  • 腰痛の原因と整体方法
腰痛でお悩みの方へ

腰痛でも、病名のない「慢性的な腰痛」「急性的腰痛(ギックリ腰)」
ヘルニアや滑り症など色々な腰痛があります。


まず下記の図を見てください。

頭には「頭蓋骨」
胸の部分は「胸郭(肋骨)」
仙骨には「骨盤」

という「骨のコルセット」的なものがあるのに対し
頚椎と腰椎(赤で囲まれている部分)
「骨のコルセット」がない為に
背骨自体が「動きやすいが、ズレやすい」
構造になっています。
(極度にズレたり安定をなくした症状がヘルニア/狭窄症/すべり症)

 

腰の骨がズレる原因

骨がズレる原因は大きく分けると
「動き過ぎ」「不良姿勢」があります。


「動き過ぎ」

「ハイパーモビリティ(病的な動き、異常な運動範囲)」
により症状を引き起こすケース
(なりやすい方はスポーツやダンスをやっている方)

「不良姿勢」
猫背や歪んだ姿勢(不良姿勢)などで
歪んだ背骨で日常を過ごし
関節に負担をかけて症状を悪化させていくケース
(日常の姿勢が原因、または高齢者に多い)


同じ症状でも骨がズレる原因は二分しますが
双方とも改善ポイントで真っ先にあがるのが「お腹です。

 

腰痛とお腹の関係

「お腹の問題」といっても大きく分けると

1.
姿勢(インナーユニット)が原因
2.呼吸の原因
3.内臓の原因

そこを起点にさらに原因が枝分かれしていきます。


1.
姿勢(インナーユニット)が原因
「姿勢の悪さにより「インナーユニット」が作動しない」
 お腹には内臓がありそれを包む混んでいるのが「腹膜」です。
「腹膜」には内臓の位置を守る為に「一定の圧力」
が掛かっています。
このことを「腹圧」といいます。

お腹の上部には「横隔膜」
中部には「腹横筋」
下部には「骨盤底筋」
といったインナーユニット
があり
「呼吸」によって
「腹膜」に「腹圧」均等に掛けて胴体の安定をつくっています。

これらのインナーユニットは不良姿勢だと作動せず
その状態が続くと3つのユニットは衰えていき
圧力が背中側に掛かり、腰痛を起こします。
(腰椎に圧力がかかり骨をズラし、筋肉が緊張する)

当院では

体の土台となる足の安定をつくり
インナーユニットが作動しやすい体をつくっていきます。

その他にも骨盤矯正、腹部調整、背骨矯正、頭の位置調整など
必要箇所の調整も行い「安心して日常を過ごせる体へ…」
コンデションを整えていきます。

 

2.呼吸の原因
「呼吸がしにくい自律神経の問題」
体を酷使している方が腰痛になるイメージですが
最近では頭を酷使している方も腰痛になっています。

血液は体全体に満遍なく流れていることが良いのですが
頭を酷使して日常を過ごしているといつも頭に血液を必要とします。

血液は呼吸によって運び込まれる為に
肺より上ばかりに呼吸が行き届き「腹式呼吸」ができなくなります。

「腹式呼吸」がしにくくなると
自律神経が乱れて「休息のしにくい体」になります。
また腹圧も掛けにくくなるので
胴体を安定させるのに、腰の緊張に頼ることになります。
(「姿勢は良いが腰痛がある」という方はこのケースが多いです)

当院では

頭部に血液を送る体のシステムを崩して
体全体に血液が行き届きやすい体つくりを行い
頭部の施術で緊張を解き「お腹で呼吸のできる体へ…」
お体の調整を行なっていきます。
(頭部の施術は触れる程度の圧ですが
リラックスいただけるとご好評いただいています)

 

3.内臓の原因
臓器同士の間には膜がありそれが滑り合う形で
隣にある臓器に干渉せず内臓は働くことができます。

しかし生活習慣やストレスなどで
内臓機能が低下すると単体で働くことが出来ず
隣にある臓器にもたれ掛かり
単体で動くべき内臓が他の臓器と協調して働くことで癒着が始まります。

(本来は単体で働けば良いのに一緒に働くということは効率の悪い働き)

筋肉は体を動かしたり支えたりするよりも
優先的におこなうのが「内臓を守る」ことです。
(内臓に問題がなければ筋肉はスムーズな動きになる)

「筋肉」<「内臓」

「働き(機能低下)」や「位置(他の臓器との癒着)」
がある内臓があると筋肉は「緊張」をつくりその内臓を守ろうとします。

この「緊張」が「腰の痛み」に繋がります。
(内臓機能が低下すると緊張が筋肉と腰椎に集中。背面ばかりに頼ってしまう)

このような状態の時に筋肉をほぐしたり
骨の位置を調整するのでは痛みの改善には繋がりません。
内臓を調整することが大切です。

当院では

問題となる内臓に血液循環を促し機能を安定させて
内臓の同士の癒着を解いていきます。

一定の安定が保てるようになると腰回りの筋肉は守る為の
「緊張」を必要としなくなり、痛みが緩和されていきます。
(この場合はあくまで応急処置でご自身の生活習慣の改善が必要です)

 

TEL 03-3781-1877 【受付時間】月~土10:00~19:30
【最終受付】20:30
【定休日】日/祝

PAGETOP