頭痛.肩こり.自律神経乱れ.はあち整体院へ

繋がりのある体へ

  • HOME »
  • 繋がりのある体へ

繋がりのある体へ

健全で何も問題ない体は、体を動かす際に足先から手先や頭まで繋げて使うことが出来ます。

しかしどこかに問題があるとその部分を「特別なもの(筋肉は硬いか緩んでいる)」として体を繋げて使うことができなくなります。

例えば、腰が痛い人が前屈をする際痛い箇所で止まります。その場合痛く感じるところは結果に過ぎず問題は他のところの柔軟性が欠けていたり働きが低下している可能性があります。

あち整体院では主訴(痛いと感じるところ)を結果として捉え、原因となる部分の改善を行い「繋がりのある体」にお体を整えさてもらっています。

大切なのは「腹感覚」

症状を改善する為には「普通の体」でいられることが大切です。体というのはすべての部位が均等の感覚を持っていることで始めて「普通」でいられる訳ですが、便利になった現代の社会では多くの方が「頭」(思考)を中心に使っています。

全身を万遍なく使う

人間はもともと体の中心にある「腹」主体で動き、両手.両足.頭を万遍なく使ってきました。万遍なく使うということは、体の疲労はすべての部位に分散されます。 体を万遍なく使えている例としてあげられるのは「子供」です。子供は腹(体幹)から両手.両足.頭を万遍なく使い、疲れたら「パタッ」と寝てしまいます(全身を使うという事は疲れるのですが、質の良い睡眠が取れ体が自らの力で回復する)また全身をくまなく使える子供の発想は「頭」ではなく体から浮かんでくるので、想像力に長けていています。そして子供達は湧き上がる「個性」を持っています。

脳と「痛みや病気」の関係性

体の一部の「脳」その脳には容量があります。
脳は体の各部分と神経の伝達をして体を動かしたり感じたりする訳ですが、体に捩れや歪みがあるとその歪みを認識しながら動かさなければいけないので歪んだ部分に対して沢山の容量を使います。
「歪んだ部分に容量を使われる」ということは他の部位の感覚の低下が起こります。

歪みに脳が気を取られていると、他の部分の認識の低下が起こりその部分は正しく機能しなくなります。「正しく機能しない」ということはその部位は不安定になり、不必要な緊張が生じ「痛み」などが現れます。

またストレスで「病気」なる、という事がありますが

ストレス(脳が余計な容量を使う)

他の部位に感覚の低下が起こる

低下した部位が正しく機能せず病気になる

という体の認識の低下が原因となって、病気になるもいわれています。

人間は沢山の細胞が共存し合って働くことで健やかでいられます。その為には体の歪みがない状態が必要になってきます。

トップページ 営業時間/料金 プロフィール/お店/アクセス
ビフォーアフター お客様の声 院内ブログ「カラダのコト」
繋がりのある体へ 施術の写真 アメブロ「あちブログ」
PAGETOP
Copyright © 武蔵小山の整体院 All Rights Reserved.