歪みや捻れを整えて体の機能を高める整体

体の診方と施術方法「頭痛.肩こり」

肩こりの原因は色々

「肩こりが酷くなると頭痛がする」いう方が多くいます。

肩こりは

「姿勢の問題」

「頭の使い過ぎ(ストレス)」

「ねじりかたまった腕の問題」

そして「内臓の状態」など…人によって原因は色々です。

 

姿勢の問題

猫背や歪んだ骨盤の姿勢で「頭(5〜8㎏)」を支えることは首や肩にとってとても負担が掛かります。

この場合は一般的な整体では「骨盤調整」「背骨調整」「肩周辺の筋肉をほぐす」など行います。

 

当院では

それに加え体の一番の土台となる下半身をつくります。

 

本来なら下半身は体を支える部分です。

しかし下半身が安定していないと上半身は頭や腕を「動かす(使う)」以外にも「支える」という二つの働きをします。これは上半身にとって余計な緊張です。

 

下半身が安定すれば上半身は「支える」という働きをする必要なくなり「動かす(使う)」ということだけに専念できるので、余計な緊張を作らずに済むのと「集中力」も上がります。

その為に足部の調整は強いこだわりを持っています。

部分的には「足部(足首から下)」の調整」「股関節調整」「膝の感覚の正常化」などです。

 
 

頭の使い過ぎ

世の中は便利になり機械や道具を操作するだけで色々なことができるようになり、日常で体を動かすことが少なくなりました。

そして体を使わない代わりに「考える(頭を使う)」時間が増えました。


「考える(頭を使う)」際、頭
は沢山の血液が必要になるので頭の両サイドにある肩を固めて「優先的に頭に血液が流れる体」をつくります。

本来ならそのような体になってもちゃんと休息が出来れば元の体に戻るのですが、体が元に戻らないと


頭や肩周りに溜まり、その周辺は緊張状態になります。

体は緊張した部分ばかりに意識が行く傾向があり、その部分の感覚も強くなります。

頭や肩周りのばかりに意識が行くと、と下半身の感覚が弱くなり「感覚の差」が起こります。(上半身の感覚が強く、下半身は感覚が弱い状態)

 

当院では

このような方には肩周りの緊張をほぐし下半身の感覚を向上させる施術を行います。(上虚下実の状態をつくる)

そして眼や手の緊張が高まりが原因の場合は、その緊張を解いていきます

 
 
 

ねじり固まった手や腕の問題

「二足で立てるようになった人間は手を使い始め「作業」が出来るようになり、脳が発達して進化した」といわれています。

脳と手の関係は体の他のパーツに比べてとても密接な関係にあります。


その「手(腕も含む)」がねじり固まっていると脳は沢山の容量を使いながら手を使わなければなりません。(ねじれた神経の配線は脳にはストレス)


また手や腕にねじれのベクトルがあると物質的に「重さ」が加わり肩や頭に負担が掛かります。

 

当院では

「手(腕)」の調整もしっかりと行い神経や歪みの状態を整えていきます。

※この部位を徹底的にやる整体院はあまりないようで驚かれますが、施術後に頭がスッキリする感覚はご好評いただいております

 
 
 

内臓の問題

「肩こりに内臓?」と思われる方もいるかも知れませんが、内臓は肩こりに限らず色々な部位に影響を与えます。


「骨格筋(一般的に筋肉といわれるとこと)」は体を動かしたり支えたりする以外にも「内臓を守る」という性質があります。

食生活やストレスなどで正常な働きや位置を保てない内臓があると筋肉はそれを助ける為に「緊張」をつくります。

※「右肩のコリは肝臓、左肩は胃に原因がある」という診方はどの整体でもいわれていると思います。


当院では

他の臓器と癒着している場合はその癒着を剥がし、弱ったり過剰な働きをしている場合は適切な圧を加え状態の緩和をおこなっていきます。

営業の電話はお断りしてます TEL 03-3781-1877 施術中で電話に出れないことがあります
その際はしばらく経ってからお掛け直しください
【受付時間】10:00~20:00
【定休日】日/祝

PAGETOP
Copyright © あち整体院 All Rights Reserved.