過ごしやすい本来の体へ

「触れる」ことへのこだわり

  • HOME »
  • 「触れる」ことへのこだわり

些細な反応を聴く

整体やカイロプラクティック、マッサージなどは「触れる」ことから手技療法が始まり、体を治癒に導きます。

 

そして、「この骨をズレを戻す」「この筋肉がほぐれて欲しい」という意思を持ちながら施術を行うのですが、当院では施術者自身の意思は持たず「干渉をしない手」で手技療法を行います。

 

施術者自身が「明確な意識」を持つことは、その時点で術者の体に緊張が生じます。

 

「体」は脳が思っているよりとても繊細にできている為、触れる側に緊張があれば受け手にもその緊張が伝わり

 

それ相応の反応しか引き出すことが出来ないのです。

 

 

施術は「体との対話」

「反応」とは体からの声、と思ってください。

 

このような話をすると整体ではなく「気功やスピリチャル的な施術?」と思われる方もいるかと思いますが

 

「筋肉や骨、神経や血液、皮膚や膜組織」にも「声(反応)」があり、その声を術者の全身で感じて、声を聴き分けていくのです。

 

そして、その中から重要な「声(反応)」を見つけてじっくりと聴かせてもらい

 

その状況に合わせた「圧迫するような圧」「声につきあうような圧」「支えるような圧」

 

術者がその時初めて対応していきます。

 

「話し上手は聞き上手」

 

と耳にしたことがあるかと思いますが、施術も「体からの声」を聴くことも、とても重要なのです。

 

 

しっかり圧も行います

先程までは体との対話」の施術です。

 

でもそれだけでは凝り固まった体をどうしようもできません。

 

そんな時は「ガツッ」と大圧します。

 

でもやっぱり施術者自身の意思は持たず「石」になって。笑 筋肉や靭帯をほぐします。(凝り固まった部分は、問答無用でしっかり圧)

 

「石」とは体全体をまとめて、全身を使って大圧するということです。整体での「基本」です。

 

「枝のようなもの(小手先)」に押されるより、石のような「大きな塊(全身)」に押された方が抵抗ができないですよね。

 

「凝り」も抵抗できない圧の方が効率よくほぐれるのです。

 

指や手だけで圧を加えると、圧がブレでしまう。

 

 

 

 

自然に戻る大切さ

正しい筋肉の働きや骨の位置を知っているのは自分自身の体しか分からないこと。

 

 

例えば…この「蝶形骨」の話をします。

(蝶々のような形をしている蝶形骨)

頭痛持ちの方が「こめかみの奥の方が痛い」ということがありますが

 

こめかみとは蝶形骨のことで、この骨が歪むとこの内部にある沢山の神経が圧迫されて

 

「頭が痛い(こめかみの奥が痛い)」という状況になります。

 

頭痛を解消する為には、この歪みを取っておきたいものです。

 

しかし頭蓋骨は15種類23個の骨で出来ていて、頭の中心にある蝶形骨は14個の骨と繋がっています。

 

そんな複雑な位置にある蝶形骨を「揉む」「押す」「回す」といった外的な刺激で本来の位置に戻すことは至難の技です。

 

骨の正しい位置を知っているのは「体自身」なので、自分で戻ってもらうことが自然ですよね。

 

 

そんな蝶形骨を優しく触れていくと…

「きゅっと固いな…」

「あ、ボワーンとしてきた…」

「お、中から動きが…」

「蝶形骨全体が動いてきた…」

 

 

そして色々な方向へ動き…

「ん、何だか位置が収まって蝶形骨が柔らかくてなったな」

 

と蝶形骨が動き始め、自からの力で本来の位置に戻ってくれます。

 

 

「勉強をしなさい!」と言われてからするよりも、自分でしてくれた方が身に付きますよね。

 

骨や筋肉も自らの力で戻ってくれた方が体に馴染んでくれるのです。

 

 

 

 

素直な体・癖のある頭

 

やる気に満ち溢れている時は
筋肉が張りのある状態になったり

 

悩んでいる時は体の深部から
力が入らない状態になったり

 

恋愛モードの時は体がポカポカして
温かい気持ちになったり

 

怒っている時は頭が
ヤカンのように熱くなったり

 

悲しい時は体の中が
空っぽ感覚になったり

「この感情の時、体はこの様な感覚になる」と、皆さんそれぞれの「体の感じ方」があると思います。

 

そして実際にはこの写真のようにポーズはしませんが、感情に応じて姿勢も変わります。

 

「頑張っている時の胸を張った姿勢」と「しょぼんと肩を落としている姿勢は」関節の位置がかなり違ってきます(双方の関節の位置が空間上ズレている)

 

そして感情に応じた姿勢は体に「層」として(歪みと思ってください)インプットされます。

 

 

人によって「何層の枚数」や「層の厚さ」は違いますが

「仕事バージョンの(層)」

「趣味バージョンの(層)」

「リラックスバージョンの(層)」

などがあり

 

そのどこかの層に強い執着やストレスがあるとその層は強い緊張をつくり、体を歪ませ「痛み」や「辛さ」などの症状をつくります。

 

社会に適応する為に意識的にできた「層」は、「合わせる施術」をすると緊張が緩まり体が楽になります。意識層は自分で作ったものなので、触れられると「ピタッと」した感覚でしっくりするものです。(一般的な整体ではこの層で施術を行なっています)

 

しかし緊張をつくる原因が他のところにあると、緩んでも直ぐに元の状態に戻ってしまいます。(緊張して辛い状態でも、今の自分の環境にはその層を保っている方が都合が良いのです)

 

体にとっては「悩み事を人に相談して一旦は落ち着くけど、少ししたらまた同じ悩み事をしている…」といった状態です。

 

「層を緊張を取ろうと」や「層を薄くしよう」と真っ向勝負しても頭から「すぐに戻せ!」命令で、層は元どおりになってしまうので

 

その場合「無意識層」へのアプローチが必要となります。(術者と受け手の体との対話で感じ取れれるもので、術者も意識的には行えず、体が反射的に行ってくれる施術)

 

 

 

 

無意識層は自分では理解ができていない層なので、最初の段階では何に触れているか分からないと思いますが、安心していつのにか深い眠りに入る方が殆どです。

 

触れられた感じとしては「フワッ」とした感覚です。

 

今までの経験や判断によってできた「層」を壊していくのではなく、他の層に馴染ませていき、固執性から柔軟性のある体へ整えていくので「今まで張り詰めていたものが緩んでいく」とお考えください。

 

無意識層への施術は「急激に楽になった」という実感はありませんが「なんか楽になったな」という状態になり、それが持続してくれます。

 

営業の電話はお断りしてます TEL 03-3781-1877 施術中で電話に出れないことがあります
その際はしばらく経ってからお掛け直しください
【受付時間】10:00~20:00
【定休日】日/祝

PAGETOP
Copyright © あち整体院 All Rights Reserved.