過ごしやすい本来の体へ

グラウンディングを整体で身につける

 

グラウンディング感覚とは?

 

「地面にピタッと足がつく感覚」は人間の持つ当たり前の感覚です。

ですが、便利になった世の中で多くの現代人が頭や手をばかり使う「上半身優位」な体となっています。

「地面にピタッと足がつく感覚」を身に着けて心身の安定感を取り戻しましょう。

 

体と心の関係性

 

「地に足がついていない」というと精神的に浮足立った状態のことを指します。

体(物質)には精神(非物質)状態が反映されます。

落ち込んだときには肩を落し、

自信に満ちたときには胸を張り、

気持ちによって姿勢も変わります。

 

その逆も然りで、「地面にピタッと足が着いた状態」でいることによって体も脳も安定し、落ち着いた精神状態を保つことができるのです。

 

グラウンディングとは
地に足つけて今を生きること

 

精神面はもちろん、コリや痛みといった日常の何気ない体の不調の原因は、不安定な下半身にあることが多いのです。

その下半身の「基礎」になる「足裏感覚」の感覚は、症状改善における基盤です。

また、ヨガやピラティスなどをやっているのにグラウンディングの感覚が分からないという方も、当院の整体を受けていただくことで感覚をつかむことができるはずです。

 

ちょっと解剖的な話

 

膝から足首の間には「脛骨(ケイコツ)」と「腓骨(ヒコツ)」という2本の骨があります。

この2本の骨もグラウンディングをする上で、きちんと機能してほしい骨です。

実は、この2本の骨が癒着してしまい、「足根骨」の働きを邪魔しているケースがあるのです。

 

足根骨は足首と指の間にあるブロック状の骨で、

足首側の3つの骨を近位足根骨
(「距骨」「踵骨」「舟状骨」)

 

指側の4つの骨を遠位足根骨
(「内側楔状骨」「中間楔状骨」「外側楔状骨」「立方骨」)

と呼びます。

解剖学では骨盤に近いほうを「近位」、遠いほうを「遠位」と呼ぶので、足根骨は近位3つ、遠位4つの合計7つの骨で構成されているということになります。

 

これを大腿骨から追ってみると、

大腿骨 → 骨1本

脛骨、腓骨 → 骨2本

近位足根骨(足首側) → 骨3本

遠位足根骨(指側) → 骨4本

指の骨 → 骨5本

と1本の骨から5本の骨へと末端にいくほど骨が細かく分かれていくのです。

 

これは肘から手に向かっての構造も同じです。

 

複雑な働きをする手と同じ構造を持つ足において、その感覚や働きをきちんと使えるようになれば自身の体をしっかりと支え、頭を含めた上半身に無駄な緊張を作らずに安定した思考を保つことができるので、人間の本来持っている力を存分に発揮できるようになるのです。

 

当院の整体法では、肘から下と膝から下を「外界と接触する重要な部分」として捉え、整体をおこなっています。

営業の電話はお断りしてます TEL 03-3781-1877 施術中で電話に出れないことがあります
その際はしばらく経ってからお掛け直しください
【受付時間】10:00~20:00
【定休日】日/祝

PAGETOP
Copyright © あち整体院 All Rights Reserved.