過ごしやすい本来の体へ

体の力を活かす整体

  • HOME »
  • 体の力を活かす整体

大切な体のしくみ

日常を過ごしやすくする為は、正常に働いてほしい体のしくみがあります。

 

「しっかりと立てる足」

体の「土台」となる足。
つまずいたり、片足立ちが苦手だったりしませんか?

—地面に足の裏が「ぴったり」と着く感覚が身につくと、体も心も安定します—

 

「深い呼吸ができること」

「呼吸が浅い」「気づいたら呼吸をしていなかった」ということはありませんか?

—呼吸が安定すると血液の循環が良くなって筋肉の正常に働くことで姿勢も良くなりリラックスできる体になります—

 

「頭の安定」

「漠然とした不安」や「落ち着かない」「余計なことばかり考えてしまう」ということはありませんか?

—体に歪みがあると脳は「体のバランスを取ること」や「正しい軌道で使えない体」に余計な容量を取られて安定した思考を保つことができません—

—歪みのない体は脳に余計なストレスを掛けず集中とリラックスがしやすい脳になります—

 

この「体のしくみ」が保てるようになると「疲労しても回復する」体でいることができます。

 

 

 下半身は縁の下の力持ち

移動手段や電化製品がある現代社会は多くの作業を「頭」と「手」でおこなうようになり、足(下半身)は意識しなければ使う機会が少なくなりました。


しかし体の「筋肉量」は上半身が3割、下半身が7割です。


様々な不定愁訴は「上半身に頼り切った生活(上半身優位な体)」
沢山の筋肉量を持つ「下半身の力を使えない体」に原因があります。

 

 

地面に接する「足裏感覚」の大切さ

しっかりと地面を感じて立てていますか?(地に足が着いていますか?)


頭から一番遠い「足の裏」の感覚がクリアになると頭と足裏の間(全身という事です)の部分の機能が活性化されます。


当院では土台となる「下半身の安定(骨盤や股関節の調整など)」はもちろん
土台の基礎となる「足裏」もしっかり調整します。

 

足首には「足根骨」という骨が7個ありその骨の隙間すべてが動いていることが望ましいのですが、動いていない方が殆どです。

小さい骨たちですがその骨たちが動いて機能してくれると、体の安定感が数段と跳ね上がります。

土台の基礎(足裏)の機能UPするとその上にある「腰」「肩」「首」「頭」は不必要な緊張(痛みやコリ)を作らない過ごしやすい体になります。

 

当院ではグラウンディングに特化した整体を行なっています。

 

営業の電話はお断りしてます TEL 03-3781-1877 施術中で電話に出れないことがあります
その際はしばらく経ってからお掛け直しください
【受付時間】10:00~20:00
【定休日】日/祝

PAGETOP
Copyright © あち整体院 All Rights Reserved.