—脳内物質「セロトニン」の大切さ—

セロトニンとは

「心の安定」や「集中力」「覚醒状態の維持」「直感力」などに関係する物質です。

セロトニンを出すには

「朝の太陽の光を浴びる」

「意識的な歩行」

「腹筋を使った呼吸」

「人とのコミニュケーション」

又、セロトニンは質の良い睡眠をとることで分泌されやすくので質の良い「睡眠」も大切です。

 

2000年以降PCの普及率があがりました。「24時間のコンビニ」「コンピューター社会」「生活リズムの分散化」また外に出なくても買い物や仕事もできるようになってきました。

2000年以降PCの普及と伴い「うつ病」などの心の疾患や自殺者も増加しているという統計がでています。

PCの普及はとても便利な世の中になり、とても良いことだと思います。

しかし「人間」はあくまで「人間」で身体は急激な生活形態に対しついていけていないのが現状です。現代社会の影響を受けている方は意識的にセロトニンを分泌させることを心がけましょう。

 

セロトニンの分泌方法「1日30分のリズム運動を行う」

最初はピンとこないかと思いますが、3ヶ月以上続けることで身体の変化をしっかりと感じられます。そして3ヶ月以降も続けてください。

主な方法

「ウォーキング,ジョギング」(通勤や買い物時のながらはNG)
(朝の時間帯でj人の少ない時に朝日を光を浴びで行うのは効果的)

「カラオケ」
(一人カラオケも良い。カラオケでなくても歌うことが良い)
「お経、題目、般若心経などを唱える」なども良い。

「ガムを噛む」
(咀嚼筋を使うことは良い。長く噛んでも固いものを)

「気のおけない人のコミニュケーション」
(井戸端会議、お茶をするなども良い)

「呼吸法」

などがあり、ストレスを抑制する作用もあると脳科学的にも証明ています。

☆当院でも脳セルトニンの出やすい状態に脳を整させてもらっています。ヨガをやっている方だと分かると思いますが、施術後の体の感覚としてはジャバアサナ(リラックスのポーズ)が上手くいき頭がスッキリと状態の感覚になります。


「自分の出来ること」を一日30分行い
是非「質の良い生活」を送ってください。

 

東急目黒線「武蔵小山」駅(東京都品川区)「あち整体院」

http://atiseitai.com