バナー1

身体をコントロールする二つの働き

人間には身体の働きをコントロールする「自律神経」という神経がありさらに「交感神経」と「副交感神経」という二つの神経に分類されます。

この二つの神経は拮抗するかたちで働き、身体の各機能のリズムをコントロールしています。

どちらかが優位になると
交感神経が優位の状態      → 活動 緊張モード
副交感神経が優位の状態     → 休息 リラックスモード

–自律神経の働きによる身体の各場所のリズム—

交感神経が優位になると 副交感神経が優位になると
気持ちの状態 興奮 リラックス
心臓のリズム 心拍数があがりドキドキする 心拍数がさがる
骨格筋 緊張 弛緩
血流 大きな筋肉に集中 内臓や末梢(手足)に集中
胃腸の働き 抑制 促進
呼吸 早くなる ゆっくりになる
お通じ 便秘気味 下痢気味
唾液 少なくなる 多くなる
—1日の交感神経のリズム—

「交感神経」
朝起きてから日中にかけて活発になる神経。

「仕事をしている時」「気持ちが高ぶっている時」「運動をしている時」


身体が活動モードの時に優位になります。

「副交感神経」
夕食を終え就寝までに活発になり、睡眠時がピークになるのが理想的。

「睡眠時」「食事中」「のんびりとしている時(入浴時など)」


身体がリラックスモードになると優位になります。

 

日中行動する時間に「交感神経」が働き、夜身体を休息する時は「副交感神経」が働きます。


このように双方の働きがバランス良く働いてくれると良いのですが、下記のような生活を送ることで交感神経のリズムが乱れ、身体に不調を与えてしまう方が沢山います。

・日中の極度な緊張やストレスで交感神経~副交感神経への切り替えがうまくいかない
・就業時間が長く、交感神経の働きが優位の時間が長い
・緊張.運動など交感神経の働きが少ない為、身体が疲れず質の良い休息が取れない
・昼夜逆転の生活を送っている
・「疲れ」「痛み」「違和感」「悩み事」など、身体に停滞している感覚や感情がある 

 

人間の身体には「自己治癒力」というものがあり、その治癒力は「副交感神経」が優位な時にその力を発揮します。

—野生のライオンをイメージしてみてください—

「食料確保の為に「狩り」をする以外はのんびりとしているか寝ている」

という光景が思い浮かべることがでるかと思います。

「ほとんどのんびりと過ごす」=「副交感神経優位な状態で過ごす」ということになります。

また怪我をしたら、傷口をペロペロと舐めて自らの唾液で怪我を治してしまいます。

動物は(人間も動物)交感神経よりも副交感神経が優位な状態で「過ごす」生き物なのですが、現代の社会では交感神経を優位にせざる負えない状況にあり、「自分で治す」という動物的な本能を消されつつあります。


帰宅後も上記の表の「交感神経」優位の状態が続くようでしたら、身体にトラブルが起こる可能性
があるので

一つでも減らす行動に移しましょう。

その為には…
生活を改めるのことが必要ですが、できるようであれば「呼吸法」「ヨガ」「太極拳」などを行う事をお勧めします。
(ホットヨガはヨガ本来の目的の「呼吸」がしにくいので、お勧めしません)


また運動などで体を思いっきり使い交感神経を高めて、その反動で副交感神経を引き出す。という方法もありますが
体力に自信がない方にはお勧めできません。