スポーツやダンス

ヨガやピラティスなど行っている方は

体幹を上手に使えるとパフォーマンスUPに繋がります。

 

慢性的な肩凝りや五十肩なども

このブログを読んで頂くと

なかなか良くならない原因が分かると思います。

 

体幹が使えると

●体の力を最大限に発揮できる

●体を滑らかに動かすことが出来る

●怪我のリスクを抑えることが出来る

と良いことばかりです。

 

しかし

●体幹が使えない

●使えている感覚が分からない

という方も多いので

「体幹を使う感覚を掴む方法」

を書きたいと思います。

 

スポーツなどをしていない方もこの感覚で体が使える様になると

肩凝りや腰痛などが起こりにくくなるので是非読んでみてください。

 

「差」が体調を崩す

体はチームです。

全身の筋肉が協力し合って体を動かせることが望ましく

子供はそれが出来ています。

 

しかし大人になると体を横着して動かすようになり

段々とそれが出来なくなります。

 

「小手先で動作をする」に相反するのが「全身を使って動作する」

「横着」とは「小手先の動作のことです」

 

「小手先の動作」とは筋肉で説明すると

使いやすい表層の筋肉(アウターマッスル)ばかりが使い

体幹筋(インナーマッスル)が使えてないことです。

 

 

大きな原因は便利になった世の中です。

「体」より「頭」の働きに頼る社会になり「思考優位の体」で

体をたまにしか使わなくなったことです。

 

思考優位だと血液は頭ばかりにいってしまい

頭以外の体の部分は(特に頭から遠い足は)

「血液」の巡りや神経の繋がりも悪くなり動きや感覚が低下します。

 

この様な方は気をつけてください

•座りっぱなしで体を動かさなければ足腰は弱くなる

•偏った食生活は内臓に負担を掛ける(内臓も筋肉でできている)

•頭ばかり(考え事)使っている

 

 

 

体というチームを一致団結させて動かす為には

体全身を一致団結させる為には

筋肉の張力を均一にすることが必要です。

 

そういうと難しい話しに聞こえますが

体全身を緩めた状態で使うことで

全身の筋肉が均等に動きます。

—体が緩まった状態だと…深層の筋肉まで使える—

—緩まっていないと…表層の筋肉ばかり使ってしまう—

 

「体を緩めて使う」と聞くと意識的に脱力させるイメージを持つ方も多いかと思いますが、そうではありません。

体のある部分「縁の下」には活躍してもらいます。

 

体の「縁の下」あたる部分は膝下です

膝下に活躍してもらうのです

 

 

体を緩めることが出来る姿勢

活躍してもらう為には膝下も

筋肉の張力が一定でいることが必要です。

 

そうする為には膝を曲げていくのですが

その前にまず足裏をちゃんと地面に着けてあげます。

「親指側か小指側のどちらかに偏って体重が乗っていませんか?」

偏っている方は足幅で微調整します。

「足幅を閉じる」と重心が親指側に乗ります。

「足幅を開く」と重心が小指側に乗ります。

親指側と小指側に同じくらい重心が乗る足幅にしてください。

 

それが出来たら膝を曲げていきます。

膝を曲げていくと

足裏が地面に「ピタッ」と着く膝の角度があります。

そこがベストポイントです。

 

その状態が出来たら

腕をゆっくりと回してみてください。(動きを味わうように回します)

(★その前に膝をピンと伸ばした状態でも腕回しておいてくださいね!)

 

膝を伸ばした状態で肩を回す時より

膝を曲げて肩を回す方が

肩が滑らかに、筋肉の奥の方まで動くことが感じられるかと思います。

 

この状態が体幹が使えている状態です。

「体を支える」という機能を膝下に任せているので、上半身は緩み「動かす」ことに専念できます。

 

立って行うヨガのポーズの際に膝をピンと伸ばして行うより

膝を軽く曲げて行った方が

体幹を使ったポーズが取れます。

 

 

体感できなかったorしやすい体にしたい方へ

平均台の上で膝を曲げても

脳がバランスを取る事に専念しているいるので

重心は下がりにくくなります。

それと同じように日常生活で社会とのバランスを取っている体は

知らず知らずに体に緊張が定着していて

重心を下げる事が苦手になっている場合があります。

 

又…

●過去に酷い捻挫をした

●股関節の調子が悪い

●体の歪みが気になる

といった構造的な問題があり

重心を落とすことが苦手な場合もあります。

 

当院ではそのような場合の対処や

しやすい体にする施術を専門的に行なっていますので

是非ご相談ください。

左 初回の施術後

中 2回目の施術後

右 3回目の施術後

 

重心が落ち、体幹が使える以外にも良いことが沢山あります。

●心身の落ち着き

●左右の脳がバランス良く使える

●省エネモードで体を動かせる

 

是非行ってその感覚を味わって下さい。