太い骨と細い骨であれば、体の構造上どちらがいいと思いますか?

 

おそらくほとんどの方が「太い骨」と答えるかと思いますが、正解はズバリ「細い骨」です。

 

では、なぜ「細い骨」のほうが良いのでしょうか。

 

ここでは、骨膜の性質と緩め方も踏まえてその疑問にお答えしていきたいと思います。

 

骨は緊張により太くなる

驚いたりビックリしたりしたときに、「ビクッ」と肩をすくめて体を固めますよね。

 

このように体は危険を感じると「緊張」を作り、体を固めて身を守ろうとするのです。

 

その反応が筋肉から「骨膜」を通じて骨に伝わり、「体を固めて身を守る」という動作につながってきます。

 

ストレスなどで筋肉の緊張が繰り返し起こることによって骨膜の層が厚くなり、「骨が太く」感じられるようになります。

そして、ストレスなどで筋肉の緊張が繰り返し起こることも体は固まる状態をつくり、その緊張は骨膜の層を厚くさせ「骨が太く」感じられるようになります。

 

また、骨折をした際にも骨膜は「骨質を補充する」性質を持っています。

 

そのため、正確には

 

「骨と骨膜の層が厚くなることによって骨が太くなったと感じられる」

 

ということになります。

 

その為に、「最近腕(足)が太くなった」という方は、もしかするとストレスにより骨膜が厚くなって太く感じれるのかも知れません。

 

※骨を感じる
赤ちゃんの腕を握ってみると「モチモチ感」を強く感じ、お年寄りの腕は痩せているのに「筋肉より骨」を強く感じる。

 

 

なぜ細い骨のほうが良いのか?

武術やダンスなどに精通している人は体を動かす際に無駄な動きがありません。

 

なぜそれができるのかを上腕骨を例に挙げて解説していきます。

 

筋肉は骨に付き、その間にあるのが骨膜です。

 

「骨膜の層が厚くなる=筋肉が骨膜に占領される」

 

ということになりますので、使える筋肉が少なくなってしまいます。

 

細い骨であれば筋肉の内側でたくさん動けるので「力」が出しやすくなり、小さい筋肉まで使えるようになります。

 

体内でクルッと動くので無駄な動きも抑えられます。

 

逆に、骨膜が厚くなった太い骨になると動きが大雑多になって上腕骨を動かすのと同時に肩が上がってしまったり背骨の捻りながらの動作になってしまったりと「無駄な動き」が起こるようになります

 

その無駄な動きが大きければ大きいほど「肩の痛み」「背中の痛み」「骨盤の歪み」などさまざまな体の症状につながりやすくなります。

 

 

骨膜の緊張の取り方

厚くなった骨膜は緩めて「骨」が動きやすい環境にしてあげることが大切です。

 

では、どのようにして骨膜の緊張を取っていけばいいのでしょうか?

 

筋肉はほぐしたりリラックスしたりすれば緩むのですが、骨膜はその性質上、自然に緩むことがありません。

 

骨膜は手を加えないと緩んでくれないのです。

 

そして、骨膜は知覚神経が広く分布しているのでとても敏感です。

 

そのため、簡単に触らせてはくれません。

 

最近何かと話題になっている「ほぐしローラー」といったもので緩ますこともできるのですが、力強くおこなうと知覚神経が痛みを感じてしまい、今度は他の骨膜の緊張を作ってしまいます。

 

骨膜には「触れ方」のコツがあるのですが、現時点では自分で骨膜の層を緩めるのはほぼ不可能です。

 

ですが、施術で骨膜の緊張を取ることはできますので

 

なかなか良くならない症状がある方や体のパフォーマンスを上げたいという方は

 

「施術で骨膜を緩める」ということを改善方法のひとつとして頭の中に入れておいていただけますと幸いです。