ヨガや気功などのグループレッスンを受けている方に多いのが

人と比べてしまう

ということ。

 

「周りの人があれだけ深く曲げれているから」

と無理してセッションを行うことは

レッスンの効果を半減させてしまったり

中には「体のどこかに痛みをつくってしまう」という方もいます。しかもそれが原因だと分からずいつも頑張ってレッスンを行って、慢性的な痛みにしてしまう。

という方もいます。(レッスン内容と動きをチェックさせてもらい、少し修正をしたら痛みがなくなるケースはよくあります)

 

1番大切なのは人と比べるのではなく

自分の体の左右差で比べる事です

 

例えば体を左右に倒すポーズをするとします。

この時、右側が倒しやすく左側が倒しにくかったら

倒しにくい左に合わせて右は軽く倒してあげてください

 

また細かいこと部分でいうと

横に倒すポーズでお腹周り(胴回り)は横に倒しやすいけど

肩周りが倒しにくかったら

硬い肩周りに合わせてお腹周りも横に倒してあげてください。

 

周りで見ている人や鏡に映っている自分の姿は硬そうに見えます。

しかし体全体のこと考えると体全体が均等に伸び縮みできるので

こちらの方が体にとても良いのです。

 

 

見た目ではなく体全体の機能が満遍なく働くことが大切です

それが少しずつ出来てくると

見た目以上に美しい動きや体になります