人の運命などを「星の下で生まれた」

と例える事がありますが

実際に脳の中でも「自分」の上に

星座が描かれ

記憶が思い出されます。

 

「脳の星座」の前に

「大脳新皮質」と「大脳旧皮質」の仕組みと働き

について理解していただきたい、と思います。

 

自分と社会を結ぶ2つの「脳」

脳の大脳には「大脳新皮質」と「大脳旧皮質」という2種類の脳があり、その2つの脳が電気信号で繋がることで記憶が映像化されて物事を感じます。

 

 

大脳新皮質

脳の中でも高度な機能「何かを覚えたり、考えたり、人と話す」など、その時々の必要な働きに際し「体全体の司令塔」として存在している脳です。

また大脳新皮質は「今まで生きてきた経験や知識を貯蔵している」いわば「記憶の貯蔵庫」とも言われています。

この記憶されているものを元に「何かを覚えたり(記憶されているものと紐付けして覚える)、考えたり、人との会話」をしています。

 

—この大脳新皮質は、ヒトを含む哺乳類しかなく鳥や魚などの動物には備わっていません。—

大脳旧皮質

一方「大脳旧皮質」は生存や欲求に関わる脳で「食欲、睡眠欲、排泄欲」や種族保存の為の性欲、などを司る脳です。

簡単にいうと…

大脳旧皮質で感じた本能を「大脳新皮質で周りの環境に適した行動をとる」ということを哺乳類は行なっているのです。

大脳新皮質はいわば「理性の脳」という訳です。

 

記憶のしくみ

生まれてから今に至るまでの記憶は大脳新皮質にあります。

「特別な出来事、繰り返し覚えたこと、印象深い事」などは

大脳新皮質の神経細胞を刺激して発達されることで、大脳新皮質に植えつけられます。

 

そしてその神経細胞は

関連性のある神経細胞と神経細胞とが強い繋がりをつくり

大脳新皮質に「記憶」として定着されます。

本能が描く星座

環境の変化や外部からの刺激(天候、場所移動、コミニュケーションなど)で、本能(大脳旧皮質)が刺激されます。

その刺激は大脳旧皮質内に電気信号として現れます。

その電気信号は「記憶の貯蔵庫」である大脳新皮質に伝わり、記憶されているものが「映像化」されて記憶が思い出されます。

そして映像化されたものを、その人はどう感じるか。

それが「心」なのかと思います

現代人の大脳新皮質

色々な情報が簡単に手に入るようになり世の中はとても便利になりました。

私達人間は、私達人間に「求められ、答えること」で成り立っている社会になってきています。

その為に「大脳新皮質に情報や知識が沢山貯蔵されて「経験」というものが追いついていない

という事になりがちです。

 

経験のない体は映像化された記憶に対して対応できる本能がない為に「心」を不安定にします。

 

沢山の情報がある今の世の中

情報を得ることも大切ですが

体で経験をすることで、物事の理解が深まり心の安定も保てるのではないか

と僕は思っています。