健康やスタイルを良くする為に
運動やヨガやピラティスをやっているが
体に痛みがでてしまう。

という方は

運動する時間がなく
「やっとできる!」
ということで頑張って体を動かしていませんか?

必要以上に頑張って体を動かすと
動きの悪い部分は強い緊張を作り
その部分は更に痛くなってしまいます。

痛みを作らない為には

自然に呼吸が出来る範囲内で体を動かしましょう

「自然に呼吸が範囲で体を動かす」

1・腕を挙げる
ゆっくりと息を吸いながら腕を挙げ
呼吸が止まると同時に腕が挙がらない位置があります。
それが今あなたの
頑張らないで腕を挙げられる位置になります。
(五十肩の人は実際に挙げている以上に低い位置なります)

2・体を後ろに反らす
腰に手をやり息を吸いながら
ゆっくりと上体を反らします。
すると息を吸えなくなる位置があります。
それが今のあなたの
頑張らないで上体を反らせる位置になります。

「自分の体を理解すること」

今、自分が呼吸と共に動かせる範囲を知ってから
体を動かすことを僕は勧めています。

「呼吸と共に動かせる範囲はここだよな」

と思った位置まで体を動かして
それ以上の動きになった時は
動いている筋肉を感じてあげるのです。

「筋肉が伸びている」
「筋肉が動いている」

とです。

そうすると脳はその動きを認識して
体は緊張ではなく
丁寧に扱われていることで
「快」の状態になり
緊張を作らす

正確に使えるようになってきます。

無理はせず「気持ちいい」
と思える範囲内で体を
動かしてあげるのです。

なんでもいきなりは駄目!

自分の体と対話して使ってあげる

そうすると
自然に呼吸が出来る範囲が広がって
柔軟で隅々まで栄養が行き届く「体」になります。