ヨガの「頭を膝に付けるポーズ」

このポーズの際、足首の踵が内側に入っている方や股関節が硬い方は

曲げた方の膝に高めのクッションなどを入れてポーズを行うと「体が繋がった状態」でポーズを行うことができます。

クッションを入れない時に比べ硬さを感じますが深層の筋肉も伸ばすことができるので

長い目でみると効果的な刺激が体に入れられます。

ポイントは内側に入っている踵を

若干真っ直ぐにしてあげるのがポイントです。